中島 智子(なかしま さとこ)

3人の子育てをしながら、教壇に25年間立ち続けた経験を生かしています。

早期退職をし、タイミングよく高畑三恵子代表に出会い、これだ!と直感し宿曜を一から学びました。

学びを深めていくと、自分の天命や使命が分かり、人生に対して、希望を持って前向きに考えられるようになります。まさに、私にとって、宿曜は一生の宝。

宿曜で、身近な人との相性を知り、良い運気をつかめば、気持ちのコントロールも可能です。

ココロが晴れやかになることでその明るさが周りに広がり人との繋がりの大切さ、ご縁の有り難さ、生きる喜び、可能性が見出され

満ち足りた人生へと変容していくことを実感しています。

宿曜には、先人の素晴らしい智恵が散りばめられているのです。

宿曜で、お子さまの持って生まれた良さ、持ち味が分かれば、伸ばし方磨き方が見えてきます。

大人が心のゆとりを持って接すれば、その思いは伝わっていき、その相乗効果でお子さまを、より深く理解し、親がどう向きあえば良いかが感じ取れるようになります。

子育ては思った以上に、アクティブで体力と気力が必要です。子どもは、キラキラした原石を持って生まれてきました。

その原石を時に優しく、時に厳しく磨いていくのは、大人の役割だと思います。

また、新しいことをスタートされるのなら、良い年、良い月、良い日が分かります。良い日で始めたことは、ずっとお子さまを応援することに繋がります。

子育ては悩みもでてきますね。宿曜を紐解き、子育てに活かされてはいかがでしょうか。

どんなことでも、是非、お話をおきかせください。ご一緒に大切なお子さまのことを考えたいと思います。保護者の方々と個性豊かなお子さまを応援したいと願っています。

お役にたてれば、幸いです。

メールで問い合せる